INFINITE

一人の神は空間を作り、世界を脅威から守るために組織を作った。そんな組織の一員として招待されたファイター 達の日常、時にシリアスな物語。そんな彼らと出会った少女達の歴史物語。スマブラ主の二次小説ブログです

覚醒の鏡目次


           『覚醒の鏡』目次


 ※現在この小説は【不定期更新】です。更新日などはtwitterをご覧ください


     覚醒の鏡


人を慈しむ『神竜ナーガ』と、人を滅ぼす『邪竜ギムレー』が司る世界。そして

多くの生物たちが生きる『光の世界』。冥府の女神メデューサの復活により世

界は混沌に陥られる



また別の場、ある日倒れていた青年はイーリス聖王国の王子クロムと彼が団

長を務める自警団に助けられ後に彼らは襲われた町にて旅人の少女と出会う

少女は記憶喪失だという青年の記憶を取り戻すと決め共に行動する事に。マル

スの名を名乗る人物と屍兵の登場と出現。それはイーリスを始め大陸を巻き込

む出来事への第一歩だった



そして、物語は急転換、少女は神との戦いに身を投じる事になる______


_____________________________________

          注意書き 【推奨】

 この小説は原作【ファイアーエムブレム 覚醒】 【新光神話 パルテナの鏡】

 のストーリーをなぞった小説となっています。8割程原作通りなので未プレイ

 の方はネタばれなどにご注意ください。また進行上一部のストーリーを飛ばし
 
 ていたり原作とは違う展開がありますが全体的な方向は原作通り進みます



 尚この小説には原作に登場しないオリジナルがメインとして登場します。多方面を

 考えCPも成立させてはいませんが一部オリジナルを含めCP要素のようなものが

 あるのでご注意ください。上記の事が許せるかたのみこの小説をお読みください

_____________________________________


                 登場人物


               第1章、パルテナ再臨

               第2章、魔王と人間

               第3章、新たなる歴史

               第4章、戦いと記憶喪失

               第5章、目を見て信じて

               第6章、東西の王

               第7章、神剣闘技

               第8章、英雄王

               第9章、未来を知る者

               第10章、タグエル

               第11章、弱き者、それは

               第12章、侵略

               第13章、邪竜のしもべ

               第14章、聖王エメリナ

               第15章、誓い新たに

               第16章、王の器

               第17章、生きるべき人

               第18章、暗愚王ギャンレル

               第19章、自らの目で

               第20章、お嬢様

               第21章、お菓子と身だしなみ

               第22章、鍛錬修行

               第23章、2人の軍師

               第24章、海より来る者

               第25章、古き地脈

               第26章、蒼海に舞う炎 

               第27章、解放の狼煙

               第28章、神竜の巫女

               第29章、死の運命

               第30章、双剣の兄妹

               第31章、悠久の想い

               第32章、覇王ヴァルハルト

               第33章、真の王 


               第34章、五つの宝玉



スポンサーサイト
別窓 | 小説目次 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<INFINITEⅡ目次 | INFINITE | ふと考える事>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| INFINITE |