INFINITE

一人の神は空間を作り、世界を脅威から守るために組織を作った。そんな組織の一員として招待されたファイター 達の日常、時にシリアスな物語。そんな彼らと出会った少女達の歴史物語。スマブラ主の二次小説ブログです

あとがき

『螺旋迷宮』完結しました!ここまで閲覧いただきありがとうございました!



今回は割と現実的だったりブルーな話だったりとこれまでと違う傾向になったと思います

彩花の過去に大きく関わりなによりも以前よりやりたかった原作本来の関係性との話が

出来たので一つの目的が達成できました


本当に申し訳ないのですが私自身『封印の剣』をプレイしたことがないので詳しいキャラク

ターの事はよくわからず本当に主要メンバーしか出てきてません。ちなみにゲームボーイ

アドバンスは完全にポケモンしか持ってない(任天堂とか関係なく)です


もう何年も前にプレイ動画見たはずなのにいざ書くときになると全然覚えてない・・・プレイ

するとしないじゃ記憶に残り方が全然違うなと思ったりしました。元々封印の剣も覚醒と

似たような感じで支援の度合いによって後日談が変わるので一概には言えませんがこの

組み合わせがやっぱり王道かなということでこのような形にさせて頂きました


本当ならばスーが割と気に入っていたので出したいなーとは思っていたのですがどうやっ

ても出す要素がなかったのが残念です。次第には烈火と混ざって誰がどの作品の人状態

・・・。個人的にリメイク版出てくれないかなーと密かに期待してたりします。ちゃっかりです

がFE女性キャラ2人目のイラスト描いたのがまさかのリリーナ。自分でも想定外でした



本当に個人的見解と想像で申し訳ないのですがリリーナはロイが幸せになってくれればいい

という感じだと勝手に思ってます。彩花もまた他人よりも自分が不幸であるべきという考えが

あるのでバチバチの三角関係というよりはもはや押しつけ合いになったらいいなと思ってました



そしてもう一つの目玉は彩花と翔太の正体。彩花については今までも何度か言われて来まし

たがここで翔太の事が明らかになりました。本当に和解した理由などは学校での出来事になる

のでいずれ学校編で書けたらと思っています。ちなみに蒼真や和葉も学校編での出来事です


もはやスマブラ小説というよりFE小説になってますがここまで激的にロイが主人公ポジション

なのはこれが初で最後だと思います。なのでどうか広い心で見てください・・・!今後とも出番

はあるのでそこはご安心を(?)他のファイター達がほぼ出番なかったのも申し訳ない・・・!


以前より話を書くときにイメージソングなるものを想像する(探す)のですが、これもまたあま

りやりすぎると引かれてしまうのではないかと控えてきました。しかし今回はあまりにも曲と

内容がマッチしすぎて『これは紹介するしかない・・・!』と思ったので一曲ご紹介します



ChouChoさんの『BLESS YoUr NAME』という曲なのですが勝手な個人的想像ですが特に

2番は彩花の事を言っているような気がします(単に感情移入してるだけかもしれません)



1番は2つの選択肢があるけどどっちも選べない。絶望の中で選び取るのは仲間との絆。2

番は信じられるものの為なら命さえも懸けられる。後悔も迷いも捨て去ったのは大切を掴み

たいから。そんなような歌詞になってます。是非機会があれば聞いてみて欲しいと思います


先程ロイがここまで主役級なのは最初で最後と言いましたが、今度は色々と変わりまして

重要キャラも変わってきます。今作はその余興という感じなのですが今後は事情を知った

サムスが重要キャラクターとして出てくると思います。サムス本来の人格にも関わってくる

のでより原作に沿った話にできるんじゃないかなーと思っています


この度は『螺旋迷宮』を最後まで読んでいただきありがとうございました!私が伝え

たい事、したかった事が少しでも伝われば幸いです。今後ともよろしくお願いします




最後に、『続きを読む』およびこのあとがきの続きにおまけと称しましてある話を記載して

います。それは彩花がリリーナを逃がした後の彩花サイドの話なのですが、あまりにもCP

要素が強すぎたと感じたため本編には載せていません。許せる方のみよければどうぞ


_______________________________________


目次へ

TOPへバナー



おまけ『第10話、第14話より』









あの人の身に何かが起きる、それだけは何があっても避けなければいけない。そう・・・何

があっても、自分を盾にしてでも。間違ってもあの人物に再び悲劇を見せてはいけないと






リリーナが胸の前に魔道書を持ち上げた時、最大の力を振り絞った叫び声が響いた





「蒼真っ!リリーナを連れて・・・逃げろ!!」





全てを振り絞った叫び声の直後、彩花の体内から青い光が飛び出た。それは彩花を

踏んでいた2人を通り抜け、防御壁が崩れた直後リリーナの身体を包み込み浮かんだ


「!?」


何が起きたのか分からず、声を発する間もなく突然足が地面から離れた。ただでさえ低い

位置に見えた彩花の姿がさらに低く見え状況を確認するように見渡すが見えるのは自分

を包んだ青い光のみ。浮かんだリリーナは遠ざかるように飛んで行った



「彩・・・っ」


身体が後退した瞬間、手を伸ばすが声は届かず数秒も経たないうちに彼女達の姿が

見えなくなった。そして彼女の去った荒野では風の音しかなく、静けさに満ちていた




(逃げ・・・たか・・・)



安心したのもつかの間、離れていた一人が戻ってくると再び背中を強く踏んだ


「うぐっ」

「何ナメた真似してくれるの?そういうの、ほんとウザいんだけど」

「・・・・・・」



言い返したい、けど思うように動けず声は出ない。もはや自分がどんな状態かすらもわか

らない。意識は朦朧とし、目の前はぼやけほとんど茶色い何かしか目に入っていなかった



「正義ぶっちゃってさ、ヒーローにでもなったつもり?」



イライラした様子で告げるが返事は返ってこない。自分たちの行動によって言葉すらも出

せなくなっているというのに返事が返ってこないことに3人のイライラはエスカレートする



「ほら、何かいいなよ・・・あ?無視すんなっつってんだよ」

「・・・ほんとむかつく」

「っ」



一人の少女が手をかざすと何もない場に人とは呼べない生物が現れる。そして彼女達の一

人はニヤリと笑みを浮かべると目の前に現れた数体の魔物に向かって一言だけ言い放った





「ゴミ処理、よろしく」



彼女達の手が上に上がると地面に、空中にいくつもの魔法陣が現れ無数の魔物が現れた

倒れているため姿は見えないもののうごめく声と物音から人間ではない事は明白である

声と音は次第に近づき、身の危険を感じながらも動く事は出来なかった



(ここで・・・死ぬのかな)



そんな思考が頭に浮かぶが、ある意味これは望んでいた形だった。誰かを救うため

に命を落とすのなら構わない。それならば・・・自分が生きてきた事にも意味がある





(結局・・・私は・・・本当の事さえ言えずに・・・)





いざ窮地になると後悔とは言えないが似たようなものが浮かぶ。これまで感じた感謝の気

持ちを何一つ言えずにいた。言わなかったのではなく言えず、それを思い出すとふっと笑う





(けど・・・それでいい。何も知らないまま・・・)





その時、懐から何かが飛び出したかと思えば数秒後魔物の悲鳴が聞こえた。続いて聞こえ

たのは驚くような少女達の声。自分の中にいるのはあの光の正体だけであり他に飛び出る

ものなんかなにもないはず。一体何が起きたのかと思った時、少女の一人が声を発した



「誰・・・!?」



身なりだけで言えばそう見えるだろう。彼女達は目の前にいる存在をある名称で呼んだ


「王子様みたい・・・けど・・・一体どこから・・・」


(王子様・・・?)


思考がうまく回らないとき、そう呼ばれた正体は駆け出し次々と魔物を倒していった。身

体は動かず頭も上がらないが次々魔物の悲鳴が聞こえると言う事は倒しているのだろう


「なっ・・・!あれだけの魔物を・・・」

「こいつ・・・」

「そんなことはさせないよ」


その時、存在は声を発した。その声は現実よりも、遅れて聞こえる



「王子様みたいだって思ったけど・・・強いじゃん。そんな人がこんなのを助けるの?」

「・・・君達のしたことは絶対に許せない」


再び地面を蹴る音が聞こえると存在は少女達に向かって剣を突き立てる。しかし少女の魔法に

より3人の前に魔物が現れては盾となり、攻撃は魔物を切り裂くだけで彼女達までは届かない


「友里、ここはいったん引こう」

「くっ・・・」

「あいつただの人間じゃない!」


歯を食いしばると、少女達はその場から姿を消す。残った魔物たちも彼によって一層されると

再びこの場には風の音だけが吹き荒れる静かな場となった。静寂の中ゆっくりと足音は近づき




「・・・息はある。よかった・・・」

「・・・・・・」




口を開こうとするが声は出ない。次の瞬間引き寄せられるようにふわりと身体が浮かんだ


「!?」

「もう少し早く出てきていれば・・・」

「は、離・・・し・・・」


反射的に拒否の言葉が出る。がそれを言い終える前に、意識は遠のいていった。気を失った

少女を見て、変わり果てた姿を見て青年は俯き力を入れた。僅かに少女を抱える手が震える




「ごめん・・・」




いつだって助けに出てこられた。けれど少女はこれまで苦戦をした所を見たことがない

だから会話を聞いて事態を知った時も、彼女ならば大丈夫なのではないかと思っていた




「わかっていたのに・・・本当は・・・誰よりも弱いって事・・・」



彼女を抱えたまま、その場から離れると町にて少女の手当てを頼む。そして土地の関係上

同じ存在が2人といていいはずもなく、人目を避けるようにと人が来ないであろう洞窟へと

やってきては平らな場所を探し、そっと少女を下した



「・・・その様子じゃ、自力では動けそうにないね」

「いっつつ・・・痛みを感じるってことは・・・ペインが切れかけているのか・・・」



ひんやりと冷たい岩場にもたれかかっていた少女は呆れたように、困ったように告げる

彼女達は一体何なのか、尋ねようとしたが口は止まる。聞かなくても想像がついたからだ


「挙句の果てに君に助けられるとは・・・いつから私はヒロインになったのかね」

「あまり動かない方がいいと思うよ」

「・・・その主人公っぷりむかつく・・・けど・・・そんな事も言ってられないか・・・」



2人の間に数秒間の沈黙が流れると、少女は口を開いた



「あの時、死ぬ覚悟はしたのに」

『そんなことさせると思う?この僕がいるんだから』

「いっ」

『!』


短く発せられた声と同時に彩花は片腕を押さえた。包帯が巻かれているとはいえ血が

滲んでいる。そして痛みからか、少女には苦の表情を浮かべ僅かに涙が浮かんでいた


『傷が・・・』

「・・・・・・」

『・・・?』



ふと服の一片が引っ張られていることに気づくと少女は、かつて見た事もない表情をし

ていた。そして、重力に引き寄せられるがまま落ちる滴に気づくとある事に気づいた



「・・・っ」

「・・・怖かったんだね。もう大丈夫」

「別に・・・怖くなんか・・・」





そう告げる声は震え、滴り落ちる涙は止まらない




「怖く・・・なんか・・・っ」

「僕がついてる。僕がいるから・・・・・・大丈夫」

スポンサーサイト
別窓 | 螺旋迷宮 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<螺旋迷宮目次 | INFINITE | 最終話、螺旋迷宮>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| INFINITE |