INFINITE

一人の神は空間を作り、世界を脅威から守るために組織を作った。そんな組織の一員として招待されたファイター 達の日常、時にシリアスな物語。そんな彼らと出会った少女達の歴史物語。スマブラ主の二次小説ブログです

第2話、タイムスリップ

マスターハンドは何か異変を感じ大きくなる前にファイター達を各地へ向かわせる

情報収集と状況の判断が急がれる中彩花もまた母であるエイリアの元へと向かうのだった

無事話を聞き終えスマブラに戻ろうとした時何者かが襲いかかる



「何か良くない事が起きるのは間違いないわ」


地図を広げると暴動事件が起きた個所と伝えられた印は数カ所に渡っていた

その数は短期間にしては尋常ではなく何者かの意図によるものかとも考えられて

いたそうだ。しかしこの事件はこの大陸だけでなく他の地でも起きているらしい

彩花はこの事をマスターハンドに伝える為に戻ろうとしていた


「フライゴンは・・・ここの国はポケモン知らないから見つかると騒動になるだろう
 し・・・フロル・・・情報収集も兼ねて人目のないところまで歩くのが安全策かな」








歩いていた中、空が急に怪しくなった事に気づいた次の瞬間なにかに吸い込まれた

妙な空間の中にいた。パニックに陥る中数秒後に見慣れた空の風景に戻った


「ってぇぇぇぇぇ!?」


空が見え安心するものの重力によって落下していく事に気づくと声を上げた

すぐに声は止むもののどうすることもできず彩花は森の中へと落ちていった


「・・・・・・・・・・」


目を覚ますと壁が見えた。現代風ではなく家でもない


「よかった、目が覚めたのね」


自分が起き上がろうとしていることに気付いた誰かが振り向く。緑色のポニーテール

をした女の人が立っていた。中華風というかチャイナ服のような衣服を着ていた


(どこかで見たことあるような・・・)



「起きたかい?」



どこかで見たことある気がした。その正体を考えていた時

後ろのほうから男の人の声が聞こえた。その姿を見たとき一瞬頭が真っ白になった

その姿は、どことなくロイに似ていた。でも何かが違う



(でも今はそれより・・・冷静に)


あらゆる突然の展開に驚きが収まらないなか冷静に今の状況を整理すると

ここがどこなのかという疑問が浮かんだ



「あの・・・・ここってどこ・・・・ですか」



「ここはキアランよ。私はリンディス」

「リンディス・・・・どっかで見たことあるような・・・・」

「僕はエリウッド、フェレの公子だ」





どこかで聞いたことある単語。でも頻繁にではなく過去に聞いたことがある気がする

スマブラにいる人も確かそんなような場所に住んでいた気がする



「大変ですぞ!」


その時、さらに1人若くはないだろう人物が部屋へと入ってきた

その様子は慌てていてどこか尋常ではない事が感じられた



「どうしたんだ?」

「竜が・・・・」



『竜』という言葉を聞いた2人は表情を一変させる。彩花もまた反応はするものの

いまいち状況が掴めていない。

「竜だと!?まさか!!」


ロイによく似た赤髪の人はマリナスと呼んだ中年の人に彩花を任せると

緑の女の人と共に外に慌ただしく出ていった



「・・・・リン!?」


彼女が出て言った後で彩花は思い出した。本人はリンディスと名乗っていたため

別人のように感じ気づかなかったがその身なりを思い出すと途端に思いだした



「アシストフィギュアに・・・・!」



彼女はリン。その名で私は知っていた。スマブラのアイテムアシストフィギュアに登場し

剣によって一撃攻撃をする。そして彼女は本人。そしてそれが分かった途端あの人物も

誰なのかがはっきりする。リンがいるのは自分が生きてる時代よりも昔



「ここは・・・過去の・・・」


その時、体が光り周りが眩しくなった。そして、マリナスの前から彩花の姿は消えた



再び気がつくと空中。さっきと同じく落ちる感覚が襲う。しかし今度はそこまで高い場所

からの落下ではないため気を失う前に地面へと叩きつけられた



「・・・・痛い」



地面がコンクリートや乾いた土でなかっただけ不幸中の幸いと言える中誰かの叫び声が

聞こえた。おそらく誰かが自分の落下を目撃したのだろう。近づいてくる足音が聞こえる中

痛みがじんわりと残るため起き上がることなく倒れていた



「なんでここに!?」



聞き覚えのある声に上半身を浮かせ顔だけを上げた。

これもまたさっきも見たような身なりだが確実にさっきとは違う人物だと分かった

そしてこの人が誰なのかは聞くまでもなく瞬時に判断がついた


「・・・・戻ってきたのかー」



=========================================

次回

現代に戻ってきた彩花は竜に遭遇する。そしてスマブラに戻りマスターハンド達に説明

しようとした時、マスターハンド達は全ての空間の神エリアの声を聞くのだった

エリアはマスターハンドと彩花、そしてファイター達に封印を解くようにと指示をする



次回 第3話 「エリアの指示」



第3話へ

七つの封印目次へ

スポンサーサイト
別窓 | 7つの封印 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<第3話、エリアの指示 | INFINITE | 第11話、乱闘指南>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| INFINITE |