INFINITE

一人の神は空間を作り、世界を脅威から守るために組織を作った。そんな組織の一員として招待されたファイター 達の日常、時にシリアスな物語。そんな彼らと出会った少女達の歴史物語。スマブラ主の二次小説ブログです

第1話、ファントムの到来

「というわけだ。次の大乱闘はこの形で行く」

「わかった」



会議室にてマスターハンドとクレイジーハンド、彩花は次の乱闘の話をしていた

突然2人の神は何かを感じると3人の前に誰かが現れた

それは扉を開いて入って来たのではなく突然姿を現した




『わが名はファントム、この世界を支配する者』



少女の前にいたのは黒いマントに身を包んだ存在だった

紺の甲冑を身にまといその顔は見えない。そして見覚えのない人物



「何者だ」

「聞いていなかったのか。まあいい」


ファントムと名のった男は手を構えると突如マスターハンドが吹っ飛んだ



「え!?」


突然の、一瞬のことに彩花はとっさにマスターハンドの方を見た

それに対しクレイジーハンドは怒りをあらわにしファントムへと向かっていく



「支配者って事か。破壊神である俺に直接向かってくるとはいい度胸してんじゃねえか!」



何度も攻撃するが、その攻撃はするりとかわされまったく歯が立たない

クレイジーハンドが全身を使って体当たりするがそれもまたファントムの謎の防御壁

によってクレイジーハンドが吹っ飛ばされた




「貴様ら神とファイターさえいなければこの世界を支配することなどたやすい」



変な魔法陣が2人の神の下に現れた。マスターハンドたちが浮いている体がだんだん下がり

数秒後完全に地面に体がついた。その動きから力を奪われているのだろうと推測する

自らの事を悟ったマスターハンドは立ちつくしている人物に向かって呟いた


「逃げろ・・・!ファイター達・・・に・・・この事を・・・・」

「マスターハンド!?」



さらに強くなる魔法陣によってマスターハンドたちの姿は光となって消えてしまった


「マスターハンド!?クレイジーハンド!?・・・一体何を!?」

「くく・・・2人の神は俺が封印してやった。あとはごみどもを始末するだけ」


マスターハンドとクレイジーはファントムの力により封印された事を告げると

彩花に攻撃を加えることもなくファントムもどこかへ消えていった

机や椅子が散らばった中ただ起こった突然の事に理解が追いつかず立ちつくしていた



「マスターハンド・・・・?」

「何!?今すごい音が・・・・・」



その時偶然近くを通りかかったルイージは倒れた椅子や折れた机を見て驚いた

他にもこれだけ大きな音がすれば気づくだろう。次々と人が集まってくる



『緊急事態です!皆さん今すぐリビングに集まってください!!』



リビングからリンクによってスマブラ領域内に声が響いた

そのトーンはいつもの冷静さはなく放送を聞いたメンバー達も普通の事態ではない事に気づく



「なんだ?やけに焦ってんな」

「何かあったのだろうか」



外にいたソニックとルカリオは不振に思いながらもリビングへと向かって

全員が集まるとそこには険しい顔をしたマリオ、ルイージ、リンクの姿が


「なんだ?緊急事態って」

「またDrマリオが変な薬飲ませたんじゃないの?」

「私は何もしていない」


ざわざわとする中リンクが一言告げた


「・・・・マスターさんとクレイジーさんが封印されました」

「・・・えええええええっ!?」


リンクの一言により一気に室内はパニックに陥った


「どういうことだ!?」

「どうやら・・・会議室にて彩花さんがマスターさん、クレイジーさんと次の大乱闘について話し
 あっていたみたいなんです。ですけど・・・突然ファントムと名乗る男が現れて世界を支配す
 ると・・・2人は止めようとしたのですが歯が立たずファントムにより封印されてしまったそうです」

「それは本当なのか!?」

「・・・うん。あの2人の攻撃がまったく通用しなかった」


ファントム。特徴を伝えその名に聞き覚えがないか尋ねるが誰も知っている者はいなかった

トゥーンリンクが同じ名の存在を知っているというがそれとは違う姿をしていた

第一彩花の言っているファントムは言葉を発した



「なんとしてもマスターとクレイジーを助けなきゃ!」

「奴はどこへ・・・?」

「わからない。突然現れて突然消えたから・・・・」


その時、勢いよくリビングの扉が開き1人のキノピオが入ってきた


「ピーチ様ーーーー!大変ですーーー!」

「何?今こっちも大変なの・・・・」


ピーチが低いトーンで伝えるとキノピオは大声で叫んだ


「ファントムと名乗る者がキノコ王国を襲って・・・!」


=============================================

次回

マスターハンドとクレイジーハンドを封印した張本人ファントムが今度はキノコ王国を襲った!?

ファイター達はファントムを倒すため、キノコ王国を守るためにキノコ王国へと向かう


次回 第2話、「甚大な被害」


第2話へ

目次へ

登場キャラクターへ

スポンサーサイト
別窓 | 選ばれし守護者 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<第2話、甚大な被害 | INFINITE | 第11話、任務と姫と>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| INFINITE |