FC2ブログ

INFINITE

一人の神は空間を作り、世界を脅威から守るために組織を作った。そんな組織の一員として招待されたファイター 達の日常、時にシリアスな物語。そんな彼らと出会った少女達の歴史物語。スマブラ主の二次小説ブログ

あとがき

完全オリジナル学園ストーリー『INFINITE』シリーズ、その第二部である
『INFINITEⅡ』が完結しました!
これまで想像の中にあり、念願のこのブログでの公開という形になった
作品はいくつもありますが、元々小さな想像の世界だったものがここまで
広がるとは思っていませんでした。

ただ『あの世界にこの世界以外の誰かが入ったらどうなるのか』という二次
的空想から誰が創ったでもない、自分だけのキャラクター達だけで一つの
世界を作り上げられる。いつの間にかそれがこんな大きな物語になって……
お蔭で主人公だけではなく創り出した多くの創作達に魂が入ったような、
一つの人格が作られこの場には多くの感謝でいっぱいです。
故に、この場で終わらせてしまうのは勿体ないとも感じています。

ですが、前々からお話ししていた通りに今作品は全二部構成で、その
二部が終わった為(一部同様オチのない終わりではありますが)彼女達
の話は終わりです。とはいえ、実はもっと書く予定だったエピソードが
あったんですが、厚みを持たせて執筆する事が出来ず……


第二部は、第一部の時点で『彩花がいつも一緒にいるメンバーがいなく
なったらどうなるんだろう』というテーマをベースにしたいと考えていました。
だから沙織達が都外に出てしまう訳ですが、小さな積み重ねで少しずつ
変わっていて、本人は気づいていないけどそれは周りにも影響を及ぼす
という感じを出したかった。かといって、彼女以外にも大小関わらず何かし
ら思っていることがあって、悩んでいることがあって……更なるキャラの
掘り下げも含めて主人公以外にもスポットを当てたかった思いがありました。

【既存の掘り下げ】
『INFINITE』で登場した納言麗奈や緒方結希、城島夏目などなど、この作品
で初登場した人達。自分の中で、物語を作るに当たってはその人物がその
口調、外見、性格でいる事には、そこに至る理由があると思っています。
それらを考える事で、より一人の『人』として確立する気がしています。
特に納言麗奈は第一部では敵ポジのような……嫌われるところから始まる
キャラではありますが、それは家系のプライドというかプレッシャーからなる
もので、ある意味箱入り状態の為外(一般)の世界を知らないからあんな
様子だったのかなと。だけど一般人と関わるうちに考えが変わって……
根は人想いな子だと思っています。

白桜律紫音はメイン外で唯一スマブラ二次作品での初登場ですが、本人
は至って本気で取り組んでいることが、似た境遇の麗奈には輝いて見えた。
それぞれは意識せず自分がすべきことだから、したいからしていることが
周りに影響を与えていたり……そういうのは現実でもあると思うんです。

新登場の中でも緒方結希や霧島亜理紗は『Ⅱ』になったからこそその人間
性がはっきりしました。どうしてもバトル者だと戦える者が、こういった学園物
も特別な立ち位置の人ばかり目立ちがちですが、特別な力はなく赤の他人
だったからこそ与えらえた影響もあると思います。実は青空も含め、なんらか
の形で戦える力を与えようかとも思ったのですが、先の考えもあり結局力は
ないままになりました。

【新しい空気】
春には沙織達がいなくなる代わりにじゃないですが、新入生が新たな物語
の空気となりつつありました。現実じゃ難しいかもしれないけど、折角架空
の世界なら意外性や遊びがあってもいいんじゃないかと。
故に元不良が生徒会役員なんかになっちゃうわけですが、出来ることなら
彼らを含めた新第三生徒会の話ももっと書きたい……なんて思ったり。

【最後に】
ここまで読んで下さった皆さん、ありがとうございました。長々と続いていた
彩花が主人公の話はここで終わりますが、きっとまだまだ未来には色んな
エピソードが起きるんでしょうね。一体どんな何が起きるのか、それは皆さん
の想像にお任せします。

一番初めに作り、もう何年もの付き合いの為彩花には思い入れもあります
が、初めに言った通り他のキャラも含めてここまで世界が広がるとは思って
いませんでした。ふわっとした思い付きに過ぎませんが、『INFINITE』の翔太
視点……というか翔太バージョンも書こうかなと思う時があって、まだふわっ
としているので何とも言えません。ですがもし執筆する事があれば、また読ん
で頂けたらと思います。
スポンサーサイト



別窓 | INFINITEⅡ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<INFINITEⅡ目次 | INFINITE | 最終話、繋がれし縁は>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| INFINITE |