FC2ブログ

INFINITE

一人の神は空間を作り、世界を脅威から守るために組織を作った。そんな組織の一員として招待されたファイター 達の日常、時にシリアスな物語。そんな彼らと出会った少女達の歴史物語。スマブラ主の二次小説ブログ

最終章、紡がれし物語

シリウスを倒し、ファイター達を解放した世界は温厚な日常を取り戻しつつ

あった。そんな中セネリオは過去にまつわるエピソードの真実を見つける。

そんな中、アクアは彼女たちのやり取りに、この場を見つめあることを思う
__________________________________



スポンサーサイト



別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第37章、追憶の欠片

『未知なる存在シリウス』との戦いを得て、世界はあるべき姿に戻ろうと

していた。封印されたファイター達を救い出した英雄たちは、後日再びテリ

ウス大陸に集まっていた。そこで、ある真相が明らかになろうとしていた
_______________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第36章、奏でし月光シンフォニー

シリウスを倒したことにより一同は行方不明になっていたファイター達を見

つけ出す。しかし未だ存在していたシリウスの気配を察知し急遽元の世界

に戻ることに。僅かな希望の中ユンヌの道標で『星楼の神殿』へと向かい、

最終決戦となるはずが僅かに届かぬ力に状況は絶望的で・・・
________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第35章、星楼の神殿

連合軍の前に姿を現した『シリウス』。その存在に対して感じたのは恐怖でも

あり同族感。不思議な感覚を覚えたままシリウスとの戦いが始まった。プリズ

ムの力でシリウスを倒すことに成功するが、その後テトラはある事を感じ・・・
_________________________________



別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第34章、プリズム

約束の日、特殊な道を通り惑星ポルネオへと踏み入れる。想像と違い穏や

かな星の中、一同を待ち受けていたかのようにイグジステンスが襲う。しか

し強い絆を得た彼らの前では、それは時間稼ぎにすらならないのだった
_________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第33章、集いし希望

この戦いを制するのは力ではない。今、我らは皆で戦っているのだ。国民

達は選ばれた勇者たちに望みを託す。一同は約束の日、導きの塔にやって

きた。月が太陽を隠す中、鷺の民たちによる呪歌によって道は開かれた

ユンヌと共に道を駆け抜けていき・・・その先に待ち受けるものとは・・・
_______________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第32章、伝説と現在

因縁の闘いに勝利しようと思われた時、再びアクアが彼女らの前に立ち

はだかる。しかしイグジステンスに乗っ取られたルドベックは暴走、アクア

と共に一同は鎮圧化させるのだった。そして、セネリオはアクアが敵でな

い事を証明させ、次々と緩和化される中あの日が近づくのだった・・・
_______________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第31章、朧月

一同の前に現れたユンヌ、アスタルテによってイグジステンスの総大将

の名が明かされる。ファイターを助け出すためには条件がある。総大将

を決めるも、間もなくある因縁のある者たちが攻め入るのだった・・・
_______________________________

別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| INFINITE |