FC2ブログ

INFINITE

一人の神は空間を作り、世界を脅威から守るために組織を作った。そんな組織の一員として招待されたファイター 達の日常、時にシリアスな物語。そんな彼らと出会った少女達の歴史物語。スマブラ主の二次小説ブログ

第34章、五つの宝玉

ヴァルハルトに勝利したクロム達。宝玉も取返し残りは一つとなる。イーリ

スに戻ろうとした瞬間彩花が倒れる。少女が目覚めたのはイーリスに着い

た後、彩花と遭遇したクロムは想像がつかぬ少女の過去の話を聞くのだった
__________________________________
スポンサーサイト



別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第33章、真の王

城まで撤退したヴァルハルトを追いクロムたちはヴァルム城の前までやってく

るイーリス連合軍とヴァルム軍の闘いが始まり怒涛の乱戦となっていた。厳し

い戦いの中クロムはヴァルハルトの前に現れそれぞれの『王』を貫くのだった
___________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第32章、覇王ヴァルハルト

レンハを撃破し状況が変わり始める中クロム達の耳にバジーリオ戦死の通達が入る

それを確定させるかの如く現れたのは共に行ったはずのフラヴィアの姿だった。変わ

りつつある形勢にクロム達はチキの力を取り戻し決戦地へと進軍し始めるのだった
___________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第31章、悠久の思い

ルフレの策とバジーリオたちの力によって脱出する事に成功したクロム達。しかし状況

は良くならず更なる刺客が迫りくる。そんな中クロムと彩花の進言により戦場を火山の

中と決定しレンハを倒すことに成功するのだが、それは思わぬ衝撃をもたらすのだった
___________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第30章、双剣の兄妹

連戦による集中力の欠陥により戦場で初の怪我をする。クロム達によって敵将を

倒すものの形勢は逆転し解放軍がヴァルム連合軍へ寝返った。要塞を囲まれ絶体

絶命となるがルフレの策とバジーリオ、フラヴィアによってそれは実行される・・・
_____________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第29章、死の運命

連戦続きにより疲労していた彩花は動きが鈍くなり苦戦を感じていた。戦いの後助

け出された巫女は彩花の記憶に残っているとある人物と似ていた。3つのうち一番

成功の可能性があるシュヴァイン要塞に攻め入るも予期せぬ事態が起きるのだった
____________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第28章、神竜の巫女

船から船へ乗り移り進み出したクロム達。そんな中彩花とルフレの元にルキナが現れると

改めて未来で起きている事を話す。ヴァルム大陸にやってきたクロム達は襲われていた

サイリを助け解放軍と共にまずは捕らえられているという神竜の巫女を助けに行くのだった
____________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第27章、解放の狼煙

大海原へと出たクロム一行。改めて未来からやってきたルキナより話を聞くと彩花

は別人であることを確信する。ヴァルム軍との海戦を試みるが兵数で圧倒的不利

を感じている中フラヴィアの提案とルフレの案により作戦は実行されるのだった
__________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第26章、蒼海に舞う炎

ルフレの前に現れた新ペレジア王国国王ファウダーは自分の子供である事を明かす。直

後クロム達を屍兵達が襲う。かつてと違う動きに苦戦する中、クロムに迫った危険を回避

したのはあの『マルス』改めルキナだった。そして彼女の正体が明らかになるのだった
_____________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第25章、古き血脈

ヴァルム大陸より襲撃が来るとの話を聞き見事成功する者の現時点でイーリスと

フェリアだけで対抗する手立てはなく、ペレジアに船を借りようと交渉を試みる。会

議の場でクロム達はペレジアの新たな王とルフレと同じ人物を見るのだった・・・
_________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第24章、海より来る者

あることから始まったルフレと彩花の特訓、ルフレの内容に対し本人はと試したところ

見事的中し改めて少女の凄さに気づかされるのだった。そんな彩花とルフレは戦術書

を探しに出たところ通行止めする輩と遭遇、互いの能力を生かし見事退けるのだった
___________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第23章、2人の軍師

フレデリクの提案により彩花と手合わせするが以前ミリエルを驚かした戦法が通じずフ

レデリクとルフレは驚く。そんな中彩花はこれを機に戦術について学ぼうとルフレより教

えを頼む。逆にルフレは彩花より戦法を学ぼうとするのだがある問題が生じるのだった
____________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第22章、鍛錬修行

以前報酬にお金の変わりにお菓子を渡すと約束した彩花は納得させる物を作るためこ

の地では見られない物を作ると決め簡易タルトを作る。そんな平和に戻ったイーリスだっ

たが身だしなみに気を使わないガイアと彩花に対しティアモは手を焼いているのだった
____________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第21章、お菓子と身だしなみ

リズとマリアベルによりティータイムに招待された彩花だったが思いもよらぬ冗談に思

わぬマリアベルの一面を見る。更に後に訊かされたのはマリアベルの将来の夢。そ

して兵士たちの訓練を見るのだがそこで彩花はフレデリク達より戦法を学ぶのだった
___________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第20章、お嬢様

ペレジアに勝利し平和な日々を取り戻しつつあったイーリスではクロムを始め一同が戦争と

は関係のない話が飛び交っていた。それは趣味の話だったり過去の話だったりクロムの行

動に心配するルフレだったがクロムは自分の目で見極める事に意味があると言うのだった
_____________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第19章、自らの目で

ペレジア王国との決戦。圧倒的な兵差の中ギャンレルの元に届いたのはペレジア兵の混乱

エメリナの残した言葉により一部の兵が戦闘を放棄する様だった。その事に気づいたクロムは

考えを改めギャンレルに挑み見事勝利を果たす。血の流れる日々は終わりを告げるのだった
______________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第18章、暗愚王ギャンレル

救出作戦前日に見た夢が予知無駄と知った彩花は途中でクロム達とは別行動に移る

その事をティアモから聞かされたクロム達だったが数時間後一同の前に現れたのは彩

花そして女王エメリナ。後日呼び出された彩花は彼女にとある王女の話をするのだった
____________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第17章、生きるべき人

以前より何度か見たことのある『予知夢』。今度もまた見るのがそれはエメリナが崖から落ちる

夢。予知夢だと判断した彩花は事態が進むごとにあの夢が起きると察知し近くにいた天馬ティア

モに頼み移動する。そして数々の魔法を駆使し死んだかと思われたエメリナを救出するのだった
_______________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第16章、王の器

イーリスの民達に、そしてクロム達に伝言を残したエメリナは崖から落下。亡骸を連れて帰る

こともできぬままペレジアからの撤退を余儀なくされる。そして脱出する際もペレジア兵との

交戦が行われる。無事王都に戻ることに成功したが悲しみと怒りに包まれる中、ルフレは自ら

の思いとこれからの決意をクロムに告げる。そして新たな一歩を踏み出そうとしているのだった
_______________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第15章、誓い新たに

彩花達と合流した一同は男と少女の正体を知ると同時にクロム達は聖王処刑の場所が判明す

るのだった。勝率が限られている中ルフレは彩花と共に一番成功率の高い策を立てる。当日が

やってくるとルフレは得体の知れない夢に目覚めるがついに重要な戦いが始まろうとしていた
_______________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第14章、聖王エメリナ

フェリアへとやってくるがバジーリオからイーリス城没落とエメリナの処刑を聞かされる

策を立て行動に移し砂漠地帯へとやってきた一同だったが少女が襲われているのを目

撃、彩花の提案により2手に分かれる。そして彩花達は無事窮地を切り抜けるのだった
____________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第13章、邪竜のしもべ

自分を強くするため新たにドニを加え一同はクロム達との合流に向かうが向かった先にはペレ

ジア軍と戦闘しているクロム達の姿が、応戦し退けるも王都からやってきたティアモより衝撃

的な言葉を聞く。エメリナを始めとした一部は王都に戻る一方クロム達はフェリアへと急ぐ・・・
_______________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第12章、侵略

村人ドニが助けを求めにやってくる中彩花は二手に分かれる事を提案する。提示の中

必要とする人数は5人、圧倒的差の中それぞれ動き出し彩花達は村人を助ける事

に成功。助けたいと迷っていたドニもまた彩花の言葉により戦う事を決意するのだった
____________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第11章、弱き者、それは

イーリス城を襲う暗殺者達を退ける事に成功するもマルスと名乗った少女はクロム達の

前から姿を消す。かつての経験と類似した話を聞いた彩花はやるせない思いの中再び

イーリス城を出るときが来る。だが道の途中とある人物が助けを求めにやってくるのだった
_____________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第10章、タグエル

クロムの攻撃によりギャンレルの思惑通り事態は悪い方向へと発展していく。そんな中

ルフレと彩花は夜クロムの姿を見つけエメリナ女王の話を聞く。すると3人の前に現れた

のは闘技場で見たマルスの姿。目の前で目撃した彩花に再び衝撃が走るのだが・・・
___________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第9章、未来を知る者

クロムがエメリナに報告をしていた時のこと、リズから異変を聞いたルフレは彩花の元

を訪れていた。そして彩花はこの地に伝わる伝説の英雄王の話を聞く。クロムは一同に

聞いた話を告げるとマリアベルを助けるためにペレジア国境へと向かうのだった
______________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第8章、英雄王

古くから伝わるフェリア特有のしきたりで西の王フラヴィアには現在決める権利は無いとい

う。近くに王を決める闘技大会が行われると知ったクロムはかつてない、王が西の軍の代

表として参加する事を決めるのだった。だがその場には以前出会ったマルスの姿があり・・・
_____________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第7章、神剣闘技

クロムは一部のメンバーとともに北にあるフェリア連合王国へと向かうことに。途中で賊と勘違い

され思わぬ事態に発展するも誤解を解く事に成功。想定外の姿をしていたフェリア連合王国東の

王フラヴィアと対面することに成功する。クロム達は助力を頼むが思いもよらぬ方向へ傾くのだった
________________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第6章、東西の王

衝撃の事実を聞いたルフレと彩花。案内されるがまま城の中に入ると聖王エメリナと対面する

会議に出たクロムの代わりにリズに案内されるままやってきたのは自警団のアジト。団員と挨

拶を交わしているとクロムがやってくる。やってきたクロムはとある場に向かうと告げるのだった
______________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第5章、目を見て信じて

見たこともない能力で戦い賊のリーダーを倒した少女と身元の知れないルフレの実力を見越し

クロムは2人を王都へと連れて行くことに。途中思わぬ事態に巻き込まれるも無事収拾し一同は

王都へとやってくる。そこで見たのはこの国の王聖王エメリナ、そして驚愕の事実を知るのだった
_______________________________________
別窓 | 覚醒の鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| INFINITE | NEXT