FC2ブログ

INFINITE

一人の神は空間を作り、世界を脅威から守るために組織を作った。そんな組織の一員として招待されたファイター 達の日常、時にシリアスな物語。そんな彼らと出会った少女達の歴史物語。スマブラ主の二次小説ブログ

あとがき

祝完結・『奏でし月光シンフォニー』!
全話読んで下さった皆さん、ありがとうございました!

今回はファイターが救われる側という、過去にない形式での物語
で、助けるのはまさかのファイターの元の仲間達。あとがきとしまして
この物語を書くに至った経緯や内容について触れようと思います

【奏でし月光シンフォニーの経緯】

これはいつ、という訳ではなく、過去作を書いていた時に常々思って
いたのですが、物語には主人公がいて、それらを中心に話は進んでい
きます。原作があるので当然、立場や役回りが確立されている中、
『もし、主人公がいなかったら誰を中心に回るのか?』という疑問です

スマブラを主軸に、ならスマブラメンバーがなんらかの理由で戦えない
状態になったら・・・?という思い付きからこの計画が動き出しました。
元々暁の女神メンバーと、当時とは変わって成長した彩花の話を書きた
いとも思っていたので、暁の女神を主軸に、スマブラファイターから
関連する人物を数作品選抜し、登場させる運びとなりました

【選抜メンバーの基準】

先も話したように暁の女神を除いては特に特別な理由はありません
今作はファイターを助ける、というのが目的の一つにありましたが中
には関連しているにも関わらず登場していない作品があります

まず、今作のテーマは『得意分野の違うものが協力する』で、機械が
得意だったり、分析が得意だったり、後方支援が得意だったり・・・
と異なる分野に精通しているジャンルごとに選んでいます。同じ分野
でも得意な人は他にもいますが、スマブラを主にしているとはいえ
他作品に詳しくない人でも分かるように、を心掛けているので何作品
も出すと分からなくなりそうなので、絞らせて頂きました

とはいえ今回登場していない作品も出したいと思っているので今後、
もし続編のようなものがあれば今度は今回の一部と新メンバーで、
という形の話が書けたらなと思っています


【捕捉】

今回登場した人物たちはこのサイト内の過去作で主人公である彩花
と過去に出会ったことがある、何らかの関わりがある人がほとんどだ
ったのですが、特に原作と『キャラが違う?』と感じるかもしれないので
過去作を読んでいない人の為このサイト内での簡単な捕捉を

エリンシア・・・過去作『暁の女神』で彩花がアイクを探しにやってき、城に
         入ろうか迷っていた時に出会います。身分は違えど自身が
         ある問題で塞いでいたとき、彼女なりの励ましや協力から
         共に仲を深めました。似た思考傾向なのもよく関わる一因
         頼りきるのは今も遠慮がちだが、彼女の意思も汲み取り
         たいと思っている。ある意味一番話しやすい相手

セネリオ・・・彩花が戦えず、戦闘時の基本すら無知の為初期の印象は
        ただのお荷物。しかし無知なりの突拍子もない奇策に少し
        だけ考えを改めます。唯一の希望だったはずのアイクに敵
        対意思を示し、その時感じた自分に似た感覚(当時は不明
        でしたがアクアの気配)に考えを改め始めた。自ら関わり
        に行くことはほぼないが、今は少しだけ頼りにしている


テイルス一行・・・スマブラと協力で異変に立ち向かったことがあり、その時
           顔を合わせた程度。今作ではあまり関わってませんが
           『彼女達』の一人と関わったことがあります。ブレイズ
           はこの件に関わってはいないが過去作『カラーズワール
           ド』でやってきた翔太から少しだけ話は聞いている

マロ、イリア、テトラ、ラインバック(ゼルダ勢)、ブレイズは完全に初対面です

今作かなり原作(キャラの性格や考え)を無視した部分もあるので意見は
分かれるかもしれませんが、今作のものはあくまで二次創作なので、その
辺りを踏まえて頂けたらと思います。

開始前に言ったタイトルの意味を物語を読みながら考えて欲しい、と言い
ましたが、伝わったでしょうか・・・?あえて答えは言わないのでそれぞれ
の感じ方で考えて頂きたいです。それでは長々となりましたが、今後とも
過去作、新規作共によろしくお願い致します
スポンサーサイト



別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

最終章、紡がれし物語

シリウスを倒し、ファイター達を解放した世界は温厚な日常を取り戻しつつ

あった。そんな中セネリオは過去にまつわるエピソードの真実を見つける。

そんな中、アクアは彼女たちのやり取りに、この場を見つめあることを思う
__________________________________



別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第37章、追憶の欠片

『未知なる存在シリウス』との戦いを得て、世界はあるべき姿に戻ろうと

していた。封印されたファイター達を救い出した英雄たちは、後日再びテリ

ウス大陸に集まっていた。そこで、ある真相が明らかになろうとしていた
_______________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第36章、奏でし月光シンフォニー

シリウスを倒したことにより一同は行方不明になっていたファイター達を見

つけ出す。しかし未だ存在していたシリウスの気配を察知し急遽元の世界

に戻ることに。僅かな希望の中ユンヌの道標で『星楼の神殿』へと向かい、

最終決戦となるはずが僅かに届かぬ力に状況は絶望的で・・・
________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第35章、星楼の神殿

連合軍の前に姿を現した『シリウス』。その存在に対して感じたのは恐怖でも

あり同族感。不思議な感覚を覚えたままシリウスとの戦いが始まった。プリズ

ムの力でシリウスを倒すことに成功するが、その後テトラはある事を感じ・・・
_________________________________



別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第34章、プリズム

約束の日、特殊な道を通り惑星ポルネオへと踏み入れる。想像と違い穏や

かな星の中、一同を待ち受けていたかのようにイグジステンスが襲う。しか

し強い絆を得た彼らの前では、それは時間稼ぎにすらならないのだった
_________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第33章、集いし希望

この戦いを制するのは力ではない。今、我らは皆で戦っているのだ。国民

達は選ばれた勇者たちに望みを託す。一同は約束の日、導きの塔にやって

きた。月が太陽を隠す中、鷺の民たちによる呪歌によって道は開かれた

ユンヌと共に道を駆け抜けていき・・・その先に待ち受けるものとは・・・
_______________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第32章、伝説と現在

因縁の闘いに勝利しようと思われた時、再びアクアが彼女らの前に立ち

はだかる。しかしイグジステンスに乗っ取られたルドベックは暴走、アクア

と共に一同は鎮圧化させるのだった。そして、セネリオはアクアが敵でな

い事を証明させ、次々と緩和化される中あの日が近づくのだった・・・
_______________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第31章、朧月

一同の前に現れたユンヌ、アスタルテによってイグジステンスの総大将

の名が明かされる。ファイターを助け出すためには条件がある。総大将

を決めるも、間もなくある因縁のある者たちが攻め入るのだった・・・
_______________________________

別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第30章、導き

再び一同の元へ帰ってきたペッピー達はかつて別の空間を侵略した生物と

同じことを話す。だが本部から惑星コーネリアが襲撃を受けていると報告を

受けると再び宇宙へと飛び立った。そんな中ミストの持つメダリオンが光を

放ち、テリウスにある導きの塔を指す。その真意を知るべく一同は向かい・・・
___________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第29章、与えられるもの、得るもの

イグジステンスからテトラを助けた彩花だったがミカヤ、サナキと共にある

場所へ連れてこられる。歴史感じるその場に現れたのは『彼女達』の一人だ

った。そこで彩花に課せられた封印と真相への手がかりを得るのだが・・・
________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第28章、光の先手

祠の中、ミカヤたちの前にに現れた少女は伝言を残しグジステンスの手に落ちて

しまう。言われるがまま奥へ進むとテトラともう一人似た姿の少女が。そんな中

イグジステンスにテトラが連れ攫われてしまう。一方彷徨っていたブレイズと彩花

はソルエメラルドの力による導きで祠から現れたイグジステンスを追うのだった
____________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第27章、微かなる導き

キノコ王国へ入ることに成功するが発生した竜巻に飲み込まれ散り散りに

なってしまう。逃げ切れた者達の一人、ラインバックの前にテトラと名乗る

少女が現れる。彼女は海図を持っているが渡すには条件があると言い・・・
_________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第26章、航路を示すのは

遺跡の地下で大型イグジステンスルーポムテートに勝利した連合軍。同時に

遺跡に現れたのは探していたサラサ王国の姫デイジーとワルイージだった

キラー用砲台を取り付ける中、一同は城にてつかの間の休息となるが・・・
_________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第25章、呼ぶ声

洗脳を解きテイルス達は遺跡に行っていたスリッピー達と合流する。しかし

リアーネの言葉を元に再び遺跡を探索することに。謎を解いた一同は隠し通

路を通って奥へ進むが奥に待ち受けていたのは筒状のイグジステンスだった
_________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第24章、創世の調べ

セガの天才発明家エッグマンのメカによってキノコ王国の住人が洗脳されて

いた。洗脳を解くと共に城内に入っていったエッグマンを追いかける。テイ

ルスの分析の元、ナックルズ達の攻撃と彩花の魔法で見事勝利するのだった
__________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第23章、天才発明家エッグマン

砦の前に待ち構えていたのはカロンの大群、更にはスターウルフの2人

レオンとパンサーが一同に立ちはだかる。一方城に向かっていた彩花達

は城を没落させたエッグマンという想定外の存在に挑もうとしていた・・・
__________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第22章、生きる屍

普通だけど普通じゃない奥底。エリンシアはあの時の違和感の正体と知らな

かった事を知る。しかしそんな彼女自身は経験の末変化が訪れていた。イグ

ジステンスが集まる情報を得た一同は二手に分かれ行動開始するのだった
__________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第21章、虚ろに蠢く曇天

陸につくも再び連合軍に立ちはだかるアクア。敵なのか味方なのか、彼女の行

動は軍を大きく混乱させた。そして彼女の告げた言葉がセネリオを始め多くの者

たちに疑問を奮い立たせる。知らぬ間に、少女は未知の存在となろうとしていた
___________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第20章、真意と偽意

補充の為町に向かうが魔物の影響で店主の留守が発覚する。しかし行方を追い原

因が発覚、子供たちを無事保護するのだった。マロより武具の調達を終えると同

時に王国を塞ぐ岩を破壊する手立てが見つかり次なる行き先が決定するのだった
_______________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第19章、連なる必然

光の海図を元にテリウス大陸から一同はキノコ王国を目指す。しかしここもまた異

変が生じ囲まれた岩によって上陸できない状態になっていた。更には度重なる戦闘

で矢が不足、補充するために彩花の提案で一旦隣の大陸に上陸することとなった
____________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第18章、航海の先に

ラインバックと協力関係を結んだ一同は出発の為の準備に取り掛かる

そんな中空間も世界も違う者達は異彩を放ち多くの者から注目を集めて

いた。彼らもまた見慣れぬ景色にちょっとした旅気分となり・・・
__________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第17章、異彩邂逅

ミカヤたちの前に現れた少女と共にいたペレアス。奇妙な空気に包まれる

中一同は城へと帰還する。ラインバックの正体が明らかになり説得する一

方別の場では少女の言葉によって予想しえぬ彼女の秘密を知るのだった
___________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第16章、藍色に満ちゆく要

ミカヤ達の耳に飛び込んだのはかつて仲間であり元デイン王のペレアスが異

変の首謀者という容疑。真実を知る為行方を知ったミカヤ達はベグニオン方面

にある湿地帯へと向かう。ペレアスと共に現れたのは全身をローブで隠し・・・
__________________________________

別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第15章、正と負の気配

神殿内で船乗りの男ラインバックに遭遇した一同は半信半疑で彼が所持する

船でイグジステンスを退け戻ることに成功する。現象の原因が霧であると知る

と同時に抜ける方法も知るが海図は男にとっても必要なものだと言い・・・
_________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第14章、光の道標

孤島に魔物が集まっている事を知り偵察に出る事になった一同。唯一道が

通る引き潮の日神殿内に待ち受けていたのは大鳥のイグジステンスだった

そしてもう一人、地図を抱えるラインバックという男に遭遇するが・・・
________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第13章、古神殿の海図

テリウスの者達が苦戦を強いられた無機物類。そんな機械系を得意とするテ

イルスやスリッピーとその仲間が合流し国と空間を超えた連合軍を結成する

しかし消息を追おうにも航海すると戻されるという奇妙な事が起き・・・
_________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第12章、立ち込める霧

ある仮定が浮かんだ彩花は開かれた国会議の中で告げ、そしてもう一つ、この

大陸の者だけでは解決は不可能と述べる。そこで提案したのはかつて異変を感

じていた国外の生物スリッピーとテイルス。彼らとの協力を提案するのだった
__________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第11章、前代未聞の提案

鎧の人物の正体をしったサナキ達。そこには数年前起きたテリウスでの事

が関係しているある出来事が関係していた。そして誰もが彩花の変貌に驚

きを見せる。知らされたのは神に定められた彼女の境遇だった・・・・・・
__________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第10章、繋ぐもの

ランドール大陸にて無事薬を手に入れた彩花たち。リレミア王国王子ミズキ

と王宮騎士団団長レプシスを加えクリミアに帰還、結果を待つのだった。し

かし現れたイグジステンスと戦いサナキは鎧の人物の正体を知り・・・
___________________________________
別窓 | 奏でし月光シンフォニー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| INFINITE | NEXT